お茶やおオイルでケア

はと麦茶でイボを取る

ぷつぷつと粒のようなイボが顔や首を中心にできることがありますが、これは老人性イボでウイルス性のものではありませんから、健康に害を及ぼすことはありません。 しかし、大きなものは着替えやタオルで拭く時に引っかかったり、見栄えもよくないですから、できるなら取ってしまうのが良いでしょう。 皮膚科や美容皮膚科だとお金がかかってしまいますから、まずは自宅でケアする方法として、はと麦茶を試してみましょう。 イボを取る健康茶として昔から有名で、老人性イボが取れたという方もたくさんいます。 ノンカフェインなので夜飲んでも安心ですし、手軽なティーバッグも販売されています。 美肌効果も高く肌のきめを整えたり、肌荒れを防ぐ効果もあるので、気長においしいお茶として楽しむのも良いでしょう。

美容オイルでイボを取る

体の内側からはとむぎ茶で老人性イボのケアと予防をするなら、外側からするケアで効果的なのがオイルマッサージです。 主に紫外線の影響で角質が固くなっている状態なので、それを柔らかくして新陳代謝をよくするために、美容オイルでマッサージすると効果的です。 また、美容オイルは保湿効果も高く、肌に潤いを与えることができて、肌の機能の向上に役立ちます。 天然の植物オイルには様々な栄養が詰まっていますから、それらが肌に良い働きをしてくれます。 そのため、オイルマッサージを続けていくと肌の機能が元気になってくれて、そのうちポロっと老人性イボもきれいに取れてしまいます。 効果的だと言われているのが杏仁オイルですが、オリーブオイルやホホバオイルなどもでも大丈夫です。